2019/10月

JAPANセミナーツアーレポート

本部(埼玉)神戸

今年も本部から始まった

【JAPANセミナーツアー】!!​ですが。

まさかの「超大型台風の直撃」という事態に‥​

参加者の皆さんの安全を考慮し、スケジュールを変更しての実施になり、一部参加できなかった方には大変申し訳なく思います。

次回2020年春、開催予定ですので、是非ご参加お待ちしております!!

さて、今回の本部・神戸セミナーでは「SPXコース」という3日間のコースを実施しました。これは、海外のローコンバット道場では既に導入されているコースで、4つの要素に絞りそれを集中することで、より実戦的なツール・バリエーションが簡単に習得できるという内容になっています。

          SPXコース        

1日目・2日目は単純な動きを繰り返し練習します。

これが意外と難しく、単純な動きとはいえ、フォームが崩れれば打撃力も下がり、ディフェンスも弱くなります。いかにフォームが大切なのかを学びました。

なかなかクセが抜けずに苦戦する方や、格闘などの経験がないけれど、ものすごくフォームが綺麗な方も。いろんな方がいて、皆さんで刺激し合っている姿がとても印象的でした。

2日間集中した動きは自然と身についているもので、

3日目のコンビネーションでは、まるで映画「ベストキッド」を見ているようでした!

すべてのつじつまが合うような感覚で、参加者の皆さんも1日目とはまるで別人のようでした。

より実戦的、を追求したこのSPXコースは今後も開催していく予定です。経験者の方はもちろんですが、未経験の方にこそ試していただきたいコース内容です。

次回セミナー情報お見逃しなく!

​本部・神戸セミナー参加者の皆さん、お疲れ様でした!

札幌セミナーでは2日間で違う内容のセミナーを開催!

1日目は(Close Quarter Combatives (C.Q.C.)

『 接近戦術』

​高いリスクや暴力への管理を集中的に行います。

​札幌

      CQC/シラット      

ややレベルの高いコースのため、内容はかなり実戦的で実際に起こりうるケーススタディを踏まえながらその対応や対処方法を学びます。

毎年参加してくださっている生徒さんも多く、終始和気藹々とした雰囲気で、

初めて参加された方もすぐに溶け込んでいました。

わからないことや気になる事を積極的に質問したり、納得いくまで答え合わせをする姿に

これまでのルーク先生との絆を感じました。

​素直に学ぶ姿勢は大切ですね。

札幌にはまだローコンバットの支部はありませんが、セミナーで訪れるたびに

待ってました!と言わんばかりに迎えてくださる札幌の皆さん、いつもありがとうございます!

​また今回、ローコンバットトレーナーに興味を持ってくださっている生徒さんもいて

今後札幌にも支部ができたらいいなぁと思いました。

セミナーで各地を訪れると、県外から来てくださっている方も多く、その度にもっと沢山の支部がで

2日目のRAWシラット共にテクニックを

要する内容なので、

皆さんとても真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。

きて各地で練習会を開たらいいなと思います。​

ローコンバットではトレーナーになれるよう、ルーク先生共々サポートをしております。

もちろん、そのためのステップも必要ですが

素直な気持ちがあれば大丈夫!

是非お問い合わせください。

札幌セミナーの皆さん、お疲れ様でした!

にもつながります。

​また痛みを回避する方法も皆さんそれぞれ研究されていて、過酷な環境ほど人を成長させるものはないなと思いました。

​名古屋セミナーの皆さんお疲れ様でした!

名古屋

           CQCグラップリング         

名古屋セミナーでは、

「ローコンバットCQCグラップリング(寝技)」を集中しました。

​あえて畳やマットではなく、フローリングを選ぶところ

がローコンバットらしいですね。笑

おそらく参加者の皆さん硬い床での寝技は初めてなので、力の加減が難しそうでした。

ただ実際緊急時はスポーツではないので、

力の加減を間違えれば大怪我につながりますし、自分自身も柔らかい床と硬い床ではでき

ることが変わってきます。

実際、寝技経験者の方もいらっしゃいましたが

かなり痛そうでした。

痛みを知らない人は、相手に対する加減を知らないので、かなり危険です。
痛みを知れば、相手が感じる痛みを理解し加減することができます。それは結果として自分自身を守ること

▼ローコンバットポリシー

ローコンバットインターナショナルでは、以下のような方のトレーニング参加をお断りしております。

 

1. 反社会勢力に属している方、反社会勢力に関係のある方、又は属した経歴のある方

2. 立ち居振る舞い、言動などにおいて、社会人としてのマナーや礼節に欠ける方

3. パートナードリルやスパーリング時に、技や感情のコントロールが出来ず、相手にケガやダメージを与えてしまう恐れのある方

4. 学んだスキルやシステムを他組織へ流出、自分の流派として教える、または独立を目的としている方

5. 犯罪歴のある方

6. 当方にてトレーニング参加にふさわしくないと判断した方

***********************

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2−300 桜ビル2F

HP :  https://www.raw-combat-japan.com

Mail : info@raw-combat-japan.com

Tel :  05030328273

***********************

©Raw Combat International - Luke Holloway