スキル

意識

​習慣

3つの要素をマスターすれば

パーソナルセキュリティを固めることができる

何故セルフプロテクション(自己防衛)を

学ぶ必要があるのですか?

どうしたらいいかわからない恐ろしい経験、脅迫され怖い思いをしたことはありますか?

自分や自分の愛する人が、危険にさらされたことはありますか?

残念ながら、ほとんどの人がごく当たり前の日常生活の中で経験しているのが現実です。

今までに経験がない人もこれから先経験するかもしれません。

そして悲しいことにそのほとんどは、自身が置かれている状況や対処方法を知らなかった為に『被害者』になりました。

私たちのトレーニングは『被害者にならないこと』を目的として構成されています。

世界中のローコンバットインストラクターやメンバーの多くは、セキュリティ、警察、軍隊など、サバイバルの最前線で活躍するプロたちです。

一般的な護身術と大きく違う点は、そのコミュニティを利用して、常にアンテナをはり情報を共有することで、常に変化する社会情勢に対応し、状況を『回避』すること『予防』することに重点を置いていることです。

【生還すること】

​危険な状況を回避し、無事に家に帰る事を目的としている為、時には安全を確保し逃げることも有効です。

勝ち負けでも、相手を懲らしめることでもなく、あくまで『生還』することが目的です。

格闘や武道などを経験された方は、危険な状況に陥った時初めて「道場で学んだこと」は「路上では役に立たない」ことを知るでしょう。

ルークホロウェイをはじめ、世界中のRCIメンバーのほとんどが武道や格闘技の経験者です。彼らは、伝統的で尊敬すべきそれらを愛していますが、実際の現場では役に立たないことも知っています。

機器的状況下では、誰もあなたの格闘や武道の経験なんて知りません。

勝敗を決める戦いは「安全なマットの上」でこそできることです。

生死をかけた現場では、金的・目潰し・武器、手加減もルールもありません。

そしてあなたがピンチの瞬間も、誰も止めてはくれません。

それらをよく理解し、何を選択するか、本当に必要なことは何かを考えてください。

​そして、自分を守る唯一の方法は『自分自身が強くなること』だということを知ってください。

注意:伝統的な武道の愛好家のために

RAWシラットプログラムは武装および非武装の戦闘方法の両方を対象としていますが、まったく同じ方法論で、あらゆる範囲の戦闘とすべてのシナリオで全てのスキルを機能させること目的としている為、ライブ武器。

どんな状況にも対応する方法

私たちのトレーニングは『被害者にならないこと』を目的として構成されています。

世界中のローコンバットインストラクターやメンバーの多くは、セキュリティ、警察、軍隊など、サバイバルの最前線で活躍するプロたちです。

一般的な護身術と大きく違う点は、そのコミュニティを利用して、常にアンテナをはり情報を共有することで、常に変化する社会情勢に対応し、状況を『回避』すること『予防』することに重点を置いていることです。

【生還すること】

​危険な状況を回避し、無事に家に帰る事を目的としている為、時には安全を確保し逃げることも有効です。

勝ち負けでも、相手を懲らしめることでもなく、あくまで『生還』することが目的です。

格闘や武道などを経験された方は、危険な状況に陥った時初めて「道場で学んだこと」は「路上では役に立たない」ことを知るでしょう。

ルークホロウェイをはじめ、世界中のRCIメンバーのほとんどが武道や格闘技の経験者です。彼らは、伝統的で尊敬すべきそれらを愛していますが、実際の現場では役に立たないことも知っています。

機器的状況下では、誰もあなたの格闘や武道の経験なんて知りません。

勝敗を決める戦いは「安全なマットの上」でこそできることです。

生死をかけた現場では、金的・目潰し・武器、手加減もルールもありません。

そしてあなたがピンチの瞬間も、誰も止めてはくれません。

それらをよく理解し、何を選択するか、本当に必要なことは何かを考えてください。

​そして、自分を守る唯一の方法は『自分自身が強くなること』だということを知ってください。

▼ローコンバットポリシー

ローコンバットインターナショナルでは、以下のような方のトレーニング参加をお断りしております。

 

1. 反社会勢力に属している方、反社会勢力に関係のある方、又は属した経歴のある方

2. 立ち居振る舞い、言動などにおいて、社会人としてのマナーや礼節に欠ける方

3. パートナードリルやスパーリング時に、技や感情のコントロールが出来ず、相手にケガやダメージを与えてしまう恐れのある方

4. 学んだスキルやシステムを他組織へ流出、自分の流派として教える、または独立を目的としている方

5. 犯罪歴のある方

6. 当方にてトレーニング参加にふさわしくないと判断した方

***********************

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2−300 桜ビル2F

HP :  https://www.raw-combat-japan.com

Mail : info@raw-combat-japan.com

Tel :  05030328273

***********************

©Raw Combat International - Luke Holloway