【in 名古屋】2019年10月開催JAPANセミナーレポート

名古屋セミナーでは、

「ローコンバットCQCグラップリング(寝技)」を集中しました。


​あえて畳やマットではなく、フローリングを選ぶところがローコンバットらしいですね。笑

皆さんは『硬い床』の上で練習をしたことがありますか?

実際の緊急時に、安全なマットはありません。

アスファルトや砂利、良くても土の上がほとんどでしょう。


フロアが変わるだけでできることが変わります。

頭で体重を支えたり、受け身をしてみたり、何をするにも想像以上の痛みが伴います。



実際、寝技経験者の方もいらっしゃいましたがかなり痛そうでした。


痛みを知らない人は、相手に対する加減を知らないので、かなり危険です。

力の加減を間違えれば、自分も相手も大怪我や死に直結するかもしれません。

痛みを知れば、相手が感じる痛みを理解し加減することができます。


「そんなつもりじゃなかった」

そうならないために「加減」を知ることは

自分の『命』を『人生』を守ることに繋がります。


また、痛みを回避する方法も皆さんそれぞれ研究されていて、過酷な環境ほど人を成長させるものはないなと思いました。



名古屋セミナーの皆さんお疲れ様でした!

また次回セミナーでお会いしましょう!!

33回の閲覧0件のコメント