ABOUT RAW SILAT

RAWシラットとは

シラットとは東南アジア発祥の伝統的な戦闘武術です。
素手での打撃技や関節技などの他にナイフやスティックなどの武器術があります

image2-7.jpeg

近年では数多くのアクション映画やドラマで採用され、

欧米を中心にシラットブームが起こり大変注目を集めています。


日本国内においても有名俳優を主演としたドラマにも採用され、

そのブームの波が訪れつつあります。


また、シラット発祥地の東南アジアでは

ジャングルやビーチなど、足場の不安定な湿地帯が多く存在します。

シラットの技術は、そういった状況下での戦闘に適して体系化されています。


〝足場の不安定な状況下での有用性″


こういった観点から、紛争地域や戦場で重い装備を背負いつつ、

かつ不安定な状況下で戦闘を強いられる軍隊。

世界各国の特殊部隊の戦闘術としても採用されています。

image9.jpeg

ローコンバット創始者のルークホロウェイは、

オーストラリア、マレーシア、インドネシアなどで

10以上のシラット流派に入門し、その技術や哲学を深く学びました。


その中で、シラットの伝統的な身体操作や哲学に重きを置きつつも

現代社会の戦闘において、

女性や体力に自信の無い人間でも効果的に使用できること
を目的とし、技術と哲学を再構築したものが「RAWシラット」です。

「実戦的な武術 RAWシラット」

image5.jpeg
image2-8.jpeg

「女性でも出来る!身の周りの物を武器にする」

RAWシラットでは素手の打撃技や関節技、投げ技の他に

ナイフ

カランビット(三日月状のナイフ)

スティック(60センチ程の棒)

サロン(マフラー状の布)

ドゥロ ドゥロ(15センチ程の短い棒)

などを使用した武器術を練習します。

image7-2.jpeg

これらをトレーニングすることで、

スティックは傘へ、

サロンはマフラーやバッグへ、

ドゥロ ドゥロはボールペンやペットボトルなどへ、

普段 身の周りに存在し日常的に使用している物を、

〝即興で武器化″することが出来ます。

image8.jpeg

女性や体力に自信の無い方が犯罪者やその脅威と対峙した際、

シラット武器術の技術や哲学を緊急時に応用することで、

護身術として効果的に身を護ることにも役立ちます。

武術としての様式美や伝統的な身体操作、

そして現代における実用性のある戦闘術、

 

これがリアル武術「RAWシラット」です。

関連YouTube